結婚式の前撮りに最適な時期や衣装の選び方

結婚式の前撮りに最適な時期や衣装の選び方

結婚式の前撮りに最適な時期や衣装の選び方 結婚式はやることがたくさんありますが、前撮りをしようと考えている場合は、スケジュールを組むのを忘れてはいけません。前撮りをしないケースもありますが、現在は撮影するカップルが多く、式のウェルカムボードやギフトなどさまざまな用途に使われます。しかし、いつ頃撮ればよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

結婚式の前撮りは、一概にはいえませんが早くて3ヶ月前、遅くとも半月程度は前に撮影しておく必要があります。用途が多いため早すぎてもいけませんし、余裕をもって式当日を迎えるために直前に撮るのも考えものです。

季節としては、特に春や秋が人気となっています。暑くも寒くもない心地よい時期に当たることから、どんな衣装を着ていたとしても過ごしやすいでしょう。反対に、夏や冬は避けるべき季節といえます。ロケーションにもよりますが、メイクが取れたり移動が大変だったりとトラブルが発生する可能性があるため、なるべく避けることをおすすめします。もし夏か冬に撮る必要がある場合は、スタジオの利用も検討してみましょう。

ポーズで悩む方も多いですが、基本的には自由でかまいません。これといったルールやマナーはなく、二人にふさわしいポーズの写真を撮ってもらえます。前もってアイデアを出し、撮影するまでに調整しておくのもおすすめです。特に小物を使いたい場合は、当日までに用意する必要があるため、あらかじめカメラマンらに相談しておきましょう。要望を伝えておけば、必要なものを全て用意してもらえます。

結婚式の前撮りは衣装を着て行いますが、どのように選べばよいかと迷ってしまうのではないでしょうか。式の本番ではウェディングドレスを着用するのであれば、結婚式の前撮りは他の衣装を着ることも珍しくありません。例えばチャペルで挙式の予定があるなら、思い切って白無垢などの和装で写真を撮ってもらうのもよいでしょう。業者によっては衣装のバリエーションが豊富にあるため、どのようなものがあるか事前に聞いておくのもおすすめです。最初にロケーションを決めておき、場の雰囲気に合わせて選んでみるのも一つの手段といえます。

結婚式の前撮りは一生に残る思い出となりますし、挙式のウェルカムボードなどの出来栄えにも大きな影響を及ぼします。いずれにせよ、面倒だからと適当に済ませてはいけません。本番と同じように納得がいくまで打ち合わせを行い、万全の状態で挑みましょう。

お知らせ

  • [2020年08月03日]
    ホームページを更新しました。

  • [2020年08月03日]
    運営者情報を追加しました。